ヒアルロン酸豊胸のメリットとデメリット

肉体的な負担があまりない

バストが小さ過ぎて悩んでいるという女性は数多くいます。そんな方に注目されているのが、ヒアルロン酸豊胸です。これは、文字通り、ヒアルロン酸という成分をバストに直接注入する施術のことです。ヒアルロン酸は多量の水分を保持する性質があるので、バストに注入することで自然な仕上がりになります。ヒアルロン酸豊胸の最大のメリットは、メスで切開をする必要がないことです。ただ注射を打つだけなので、精神的にも肉体的にも負担を感じることがありません。さらに、メスを使うシリコンバッグによる豊胸と比べて、ダウンタイムがないことも魅力です。術後の腫れや痛みも少ないので、施術後はすぐに日常生活に戻ることが可能です。施術時間も10分程度で終わるので、仕事や家事で忙しい人にうってつけですよ。

永久的な効果はありません

ヒアルロン酸豊胸のデメリットを挙げると、永久的な効果がないことです。そもそもヒアルロン酸は体内に存在している成分なので、バストに注入すると少しずつ吸収されていきます。施術を受けてからおよそ1年から2年で元のサイズに戻ってしまいます。したがって、バストの大きさをそのままキープしたいのであれば、ヒアルロン酸豊胸を何回もクリニックで受ける必要があるのです。

その他にも、ヒアルロン酸豊胸の場合、ヒアルロン酸がバストにしこりとして残るリスクもあります。しこりがバストにできると硬くなったり、バストの形が歪になったりしてしまいます。注射器を使えばしこりは簡単に取り除くことができますが、リスクがあることを認識して施術を受けなければいけません。