ヒアルロン酸豊胸後のお手入れの仕方

定期検診によるメンテナンスは必須!

ヒアルロン酸の豊胸手術を行った後は、定期検診によるメンテナンスが必須となっています。手術後のダウンタイムが終わったからといってメンテナンスを怠ると後悔してしまう可能性があります。定期検診のペースは、手術を担当した医師の方と相談で決める事が出来るのである程度融通がききます。豊胸後の胸の大きさや形がキープ出来ているか確認するために定期検診が必要となっています。ヒアルロン酸は時間が経つと体内に吸収されてしまい、胸の大きさや形が変形してしまう事もあります。定期検診で医師の方にヒアルロン酸がしっかりと胸に定着している事や型崩れを起こしていないか診断してもらいます。胸を綺麗に保つだけではなく、型崩れによる再手術のリスクを減らすといったメリットもあるので必ず定期検診によるメンテナンスを行いましょう。

手術後すぐは刺激しない!

手術後は、ヒアルロン酸がまだ体に馴染んでいない事から硬さ等の違和感があります。しかし、刺激し過ぎるとヒアルロン酸が定着しなくなったり型崩れを起こしたりと様々なデメリットが生じます。しっかりと定着するまでは刺激をしない事も手術後のお手入れの1つです。特に手術直後は、激しい運動を避けて出来るだけ安静に過ごした方が無難です。不安に感じる場合は、担当の医師に相談して運動の許可を得ると良いでしょう。また、定着した後は定期的にしこりの有無を確認する事も大切です。豊胸箇所だけではなく周辺にしこりが出来た場合は、注意が必要です。数日~数週間で自然になくなる事も多いですが、念の為医師に報告と相談をして指示を仰いでおくと安心です。