脂肪注入術のメリットとデメリット

脂肪注入術の特徴やメリットは

脂肪注入術による豊胸のメリットとしては、アレルギーなどの拒否反応が比較的少ないということがあります。シリコンバッグを挿入したりヒアルロン酸などを注入する方法の場合、それらはもともと体にとって異物なので、拒否反応が現れることが少なくありません。しかし脂肪注入術では自分自身の脂肪を注入するので、こうしたことが起こりにくいと言えます。

そして注入した脂肪が血管と連結して定着すれば、効果は半永久的に持続します。見た目や感触も、自然に仕上がりやすいということも特徴です。こうしたことも、自分自身の脂肪を注入するからこそのメリットです。また自分の脂肪を吸引することで、気になる部分のシェイプアップもできることも大きな特徴と言えます。

脂肪注入術の注意点やデメリットは

人によっては注入した脂肪がうまく定着せず、脂肪が吸収されてサイズダウンしてしまうこともあります。特に、一度に大量の脂肪を注入するとこうしたことが起きやすいため、脂肪注入術では大幅なバストアップはできません。吸入できる脂肪の量によっても、バストアップの範囲も限られてしまいます。また、場合によっては注入した脂肪が固まってしこりになってしまうことがあり、この場合は除去手術をしないと石灰化してしまったり、炎症を起こしたりする危険があるので、注意が必要です。

また、脂肪を吸引したところにもダウンタイム(回復するまでの期間)が発生します。バストだけでなく脂肪を吸引したところにも、気を遣う必要があると言えます。また、?せ型の人はそもそも吸引できる脂肪があまりないため、脂肪注入術は不向きです。